2017栃木ユースサッカーU-15リーグ大会概要

2017栃木ユースサッカーU-15リーグ大会概要

 

  1. 目 的

日本サッカーの次代を担う中学生年代(U-15)の技術の向上と、年代別カテゴリーに分ける事により、力の拮抗した試合の充実と個々のレベルUPを目的とする。

  1. 名 称: 栃木ユースサッカー(U-15)
  2. 主 催: (公社)栃木県サッカー協会
  3. 主 管: (公社)栃木県サッカー協会第3種委員会
  4. 運 営: (公社)栃木県サッカー協会クラブユース連盟
  5. 会 場:県内各地
  6. 参加資格
    7-1. (公財) 日本サッカー協会第3種に登録したチームであること。
    7-2. 上記(7-1)のチームに登録された選手であること。
    7-3. 2002年4月2日以降の出生者を対象とする(新中学3年生以下)。
    7-4. クラブ申請をした中より、第4種年代の選手の出場も可。(下記エントリー条件を参照)
    7-5. 大会に関する連絡等はメールにて行うので、それに対応可能であること。
    7-6.大会を通じて参加することが可能なこと。(やむを得ない場合は、辞退可能)
    7-7.新規チームは3部より参加。
    7-8.複数チーム参加可。(3部より参加)
    7-9. 1部リーグ1位には、高円宮杯関東大会・関東2部リーグ参入戦の出場権を与える。1部リーグ2位・3位には、高円宮杯栃木県予選のシード権を与える。
    7-10.3部リーグ後期からの参加を認める
  7. 参加費
    8-1. 参加費は1チーム¥10,000 とする。
    8-2. 大会にエントリーするチームは2016年12月8日(木)までに 参加費の振込みを完了しておかなければならない。(振込み名は、チーム名を必ず入れること)
    8-3. 参加費の振込先:足利銀行 一条支店 普通 3552508
    口座名義 (公社)栃木県サッカー協会一般
    (振込手数料等は、各チームで負担してください。)
  8. 申し込み(大会エントリー)
    9-1. 2016年12月8日(木)までに必要事項を記入の上、メールにて連絡し大会エントリーを行う。
    メールアドレス:tochigi@clubyouth.net
    件名:『2017栃木ユースサッカーU-15エントリー』
    下記項目を本文へご記入下さい。
    チーム名:
    代表者氏名:
    連絡者氏名:
    住所:
    連絡先電話番号:
    連絡先携帯電話番号:
    E-mail アドレス(携帯不可):9-2. 大会にエントリーするチームは後日開かれるリーグ代表者会議への出席を義務付ける。
    【代表者会議】 栃木県総合教育センター(〒320-0002 宇都宮市瓦谷町1070)
    12月10日(土) 1部・2部・3部 13時~

    9-3.第4種年代の選手の登録は5名迄とし、同時出場は2名以内とする。 外国籍選手の登録は5名迄とし、同時出場は3名以内とする。
    9-3-1. 第4種年代の選手を出場させるチームは、その試合の時点でクラブ申請の手続きが完了していることとする。
    9-4. 合同チームに関して
    9-4-1. 選手数が不足している同種別の複数チームによる「合同チーム」の大会参加については、次の条件を満たしており、3種リーグ委員長の承認を得た場合においてのみ認めることとする。
    9-4-1-1. 合同するチームは3チームまでとする。
    9-4-1-2. 合同するチーム及び選手は「7.参加資格」を満たしていること。
    9-4-1-3. 極端な勝利至上主義を目的とする合同チームではないこと。
    9-4-1-4. 大会参加申込の手続きは、それぞれのチームの代表者が協議の上、代表チームが行う。
    9-4-1-5. 合同チームとしての参加を3種リーグ委員長が別途了承すること。
    9-4-1-6. 合同チームの出場に関しての詳細は下記メールアドレスに問い合わせ、詳細を確認すること。
    メールアドレス:tochigi@clubyouth.net
    9-5. 同一チームによる複数チームが同一リーグへ所属することはできない。

  9. 大会期間
    10-1.スケジュール:U-15リーグ 2017年1月〜8月
    10-2.リーグ戦最終期日は,原則として2017年8月31日までとする。
    10-3. 可能な限り年間予定で決められた日程で、試合を消化する事とするが、諸事情により試合が出来ない場合は、事前に3種リーグ委員長へ連絡し、会場を確保

して補足すること。

  1. 競技方法
    11-1.最新の日本サッカー協会制定の「サッカー競技規則」による。更に本年度中FIFAの考え方に基づきJFAより出された「通達文」及び「覚書」・「規則の解釈や適用方法の文章」も同じ効力を持つ。
    11-2.試合時間は、1部・2部が80分(40-10-40)、3部が60分(30-10-30)とする。
    11-3.リーグ戦の順位決定は次の順にする。
    (1)勝点:勝3点・分け1点・負0点
    (2)得失点
    (3)総得点
    (4)当該チームとの結果
    (5)抽選11-4.前年の3種リーグの結果に基づき1部・2部・3部を編成する。
    11-5.<警告> 本大会期間中警告を2回受けた選手は、次の1試合に出場出来ない。これを繰り返した選手については、それ以降の処置を大会規律委員会(又は3種リーグ委員会)で決定する。
    11-6.<出場停止> 本大会において退場を命じられた選手は、次の1試合に出場出来ない。違法行為の内容によっては、それ以降の処置を大会規律委員会(又は3種リーグ委員会)で決定する。
    11-7.本大会は、前期リーグまでの試合は、2016年12月8日(木)までに登録、それ以降は2017年5月31日までに登録された選手で構成されたチームとする。(後期リーグが始まる前にメンバー表を提出する。)
    先発メンバーに○印を付け、試合開始30分前に2部本部へ提出する。選手登録は30名とする。
    選手交代は14名以内とし、再交代を認める。交代用紙を使用する。(交代用紙はチームで用意)
    第4種年代の選手の登録は5名迄とし、同時出場は2名以内とする。
    外国籍選手の登録は5名迄とし、同時出場は3名以内とする。
    登録変更期間をもうける。期間7月24日(月)~8月4日(金)

    11-8.試合開始30分前に、マネージャーズミーティングを開催し、両チームのユニフォームを決定、大会要項・諸注意事項等の説明を行う。
    11-9.ユニフォーム(シャツ、パンツ、ストッキング)は正の他に、副として正と異なる色のユニフォーム(シャツ、パンツ、ストッキング)を用意する。
    11-10.審判と同一、または類似のユニフォームのシャツを用いることは出来ない。ゴールキーパーについても同様とする。
    11-11.ユニフォームのシャツの前面、背面に必ず番号をつける。大きさは前面が縦10㎝程度、背面が縦25㎝程度、それぞれ横はそれに比例して適当な大きさで、番号は見やすいものとする。又、パンツに腰番を付ける場合は、縦10㎝程度のシャツ番号と同じ番号を付け、シャツ番号と異なる番号を付けてはならない。
    11-12.大会試合球は、各チーム(1個)持ち寄ることとする。
    11-13.雷雨による中断後の試合再開は中断時間から残りの試合時間で再開とする。但し中止の場合は日程を改めて再試合を行う。
    11-14.試合開始時刻に試合を開始できないチームは、その1試合に限り不戦敗とする。この場合は(0-5)の不戦敗とし、その後の大会参加、成績等の取り扱いについては3種リーグ委員会にて決定する。
    11-15.不測の事由により試合開始時間到着することが、または参加が困難な場合は 3種リーグ委員長に連絡を試合開始時間の30分前迄にすることとする。連絡がない場合は前項を適用する。
    11-16.暑熱対策について、試合開始前(30分前)WBGT31℃以上の場合は、環境が整うまで試合は行わず、改善が見られない場合は、順延とする。なお、試合開始後(ハーフタイム)WBGT31℃を超えた場合は、JFAの熱中症対策<A>・<B>を確実に行った場合に限り試合続行を認める。
    11-17.メンバー表のスタッフが変更になる場合は、事前に事務局にメンバー表を提出する。(2日前まで)

  1. 試合結果報告
    12-1. 試合終了後、早急に報告。試合結果の連絡はメールのみとする。携帯メール可。
    12-2. 会場責任者報告書は必ずメールかFAX で報告する。(当日の19:00 までに)
    メールアドレス: tochigi@clubyouth.net
    FAX番号:
  2. 会場責任者の役割
    13-1. 主審、副審が居ない場合の対応。
    13-2. 会場設営、ピッチライン、本部、チームベンチ、ゴール、コーナーフラッグ、副審フラッグ、エアーポンプの用意。
    13-3. 【試合記録報告書】の準備・記入・作成し、指定された方法で報告する。(時間厳守)
    13-4. 【メンバー表】と【選手証】または【Web 登録サイト「最新の選手登録・申請状況」画面コピー】との照合を行う。(試合出場選手のWeb 登録の確認)
    13-5. メンバー表、審判証、選手交替時の選手証の確認
    13-6. 問題が発生した場合の報告義務
    13-6-1. 試合中であれば、主審へ的確に助言する。
    13-6-2. 試合後、主審が近くに居た場合は主審から、居ない場合は会場責任者が、【重要事項報告書】に詳細を記入し報告する。
    13-7. 重要事項が発生した場合、【試合記録報告書】に詳細を記入し報告する。

 

  1. その他
    14-1. 負傷者については各チームにて対応する事とし、主催者及び主管者は一切の責任を負わない。
    14-2. 大会参加チームは必ずスポーツ傷害保険に加入していること。
    14-3. チームベンチにはメンバー表に記入された指導者・登録選手のみとし、保護者等のベンチ入りは一切認めない。
    14-4. 大会に参加するチームは、スムーズな運営に協力すること。チーム事情で大会に支障(当日棄権及び未消化試合)が生じた場合は、3種リーグ規律委員会にて後の処理を決定する。但し、最終期日までに消化できなかったチームは、結果を反映しない。
    14-5. やむを得ず棄権するチームは速やかに担当者・3種リーグ委員長まで連絡する。
    14-6. 保護者等の応援位置や駐車箇所については会場責任者の指示に必ず従うこと。
    14-7. 尚、本大会要項は今年度のみの採用とし、今年度のリーグ閉幕後、3種リーグ委員会にて省みて、適宜改訂・改善を検討していくものとする。
    14-8.長期のリーグ戦欠場は認めない。

 

15.大会役員(兼 規律・フェアプレー委員)
・委員長  菅谷 昌広
・副委員長 糸井 悦夫
・委 員  御子貝和亮   根岸 誠一
津守 直人   佐田 洋子
佐藤 圭二   森川 智浩
加藤 誠    田村 晃一
大島 聡    早川 裕司
寄川 昌彦